結婚相談所の選び方

20代女性こそ結婚相談所を利用したほうがいい5つの理由|成婚率や料金、人生プランまで

最近は20代で結婚相談所サービスを利用する人が増えています。

ジャーナリストの白河桃子さんの調査によると、1980年台後半以降生まれの世代から、結婚への意識が変わってきているそうです。

いわく『結婚に苦労している先輩たちの世代をみて、今の20代女性たちは「早婚・早産志向」にシフトしている』とのこと。

上の世代が「結婚・子ども」を手に入れるために苦労しているのを見て、

 人生設計のなかで「結婚・子ども」を優先したい

 仕事をやるにしても、先に「結婚・子ども」を手に入れてからのほうが効率的

このように考えて結婚・出産を早めに計画する人が増えてきているということなんですね。

その流れのなかで20代のうちから結婚相談サービスを利用する人も増加傾向にあります。

 

実際のところ、結婚相談所サービスを20代のうちから利用して、早めに結婚をしてしまうことのメリットはいくつかあります。

そこで今回は20代女性が「結婚相談所・結婚情報サービス」を利用すること、そして早めに結婚することのメリット5つをご紹介してみたいと思います。

 

1.結婚相談所の20代女性はモテるので「成婚率」が圧倒的に高い

「結婚相談所の成婚率は平均すると10%前後」といわれています。これを聞くと

「10人に1人しか結婚できないの!?」

と思ってしまいますよね。

ただ、この成婚率は全年齢を平均した成婚率です。

結婚相談所でもっとも人気の高い層である「20代女性」にしぼると、成婚率は圧倒的に高くなります。

 

婚活女性は「年齢」が大事

婚活において「年齡」がとても重要な武器になるということは、実際にやってみると身にしみると思います。

とくに30を過ぎ、30代中盤にかかり始めた女性の方は「20代のころとの違い」を痛感されることも多いのではないでしょうか?

20代のころはあんなに引く手あまただったのに、たとえば恋活アプリでもらえる「いいね!」の数がだんだん減ってくるというのもよくある話です。

結婚相談所で年齡が若いことはもっとも有利なポイントになります。

たくさんのお相手候補からベストの人と出会う可能性を高めるためには、20代から結婚相談所を利用するのが一番だといえます。

 

 

2.タイムリミットを気にせず、結婚・出産に余裕をもった人生プランがもてる

30代から婚活を始める方は「出産のタイムリミット」を婚活を始めた理由にあげる人が多いです。

30代に入ってしまうと、35歳以降の結婚率が極端に下がるという「35歳結婚限界説」もチラついてきますし、どうしても婚活にあせりが生じてきますよね。

婚活市場で価値の高い20代のうちに早めの結婚をしておけば、出産を含めて余裕のあるライフプランを組むことができます。

30代になると「交際から結婚までの期間」も長くなる

また「つき合い始めから結婚までにかかる時間」を調査したデータがあるのですが、これも20代の場合と30代を比べると、30代に入ってからのほうが結婚までに時間がかかっています。

これは、30代に入ると一人ひとりの価値観が固まってきてお互いに慎重になってくるのと、親の介護など別の問題も絡んでくるようになるためだと考えられます。

ますます結婚・出産が遅くなる可能性が高まるんですね。

 

何ごともあせったり余裕がないなかでやるとうまくいきません。

余裕をもった人生プランをもつということには、それだけで価値があるといえます。

 

3.早めに結婚・出産をすませることで、30代からバリバリ働くことも自分の時間を謳歌することもできる

さきほどの白河桃子さんの調査によると、「仕事をがんばりたい」という女性にも、早婚・早産志向の人が増えているそうです。

「30代からバリバリ働くために、今結婚して子どもを産んでおくんです」

「やりたい仕事・生涯続けたい仕事をやるために、先に子どもを産んでおく」

インタビューでこのように答える女性が多かったそうなんですね。

 

たしかに20代のうちに結婚して子どもを持てば、30代後半まで仕事だけの生活をして、それから結婚と子どもを考えるよりは余裕があります。

若いうちから人生設計をしっかりする人が増えてきているんですね。

 

4.「結婚相手」を見つけるには、飲み会や合コンより結婚相談所サービスを利用したほうが効率がいい

飲み会や合コンでの出会いから結婚に繋がることもたしかにあります。

しかし、仮につきあうようになっても、結婚は考えられない人だったり、相手に結婚する気がなかったり、結婚につながらいケースが多いのも事実です。

そうすると、大切な数年を(結婚という視点で考えると)ムダにしてしまう可能性も高いんですよね。

 

結婚相談所であれば身元もしっかりしていて結婚を最優先に考えている人だけが参加しているので、ムダに時間を浪費してしまう可能性を最大限低くすることができます。

費用の面から考えても、月に3,4回飲み会・合コンなどに参加することを考えれば、結婚相談所の月会費がとりわけ高いわけではないというのもポイントです。 

 

 

5.結婚相談所・情報サービスには20代女性向けのおトクなプランがある

結婚相談所って「費用がすごくかかる」というイメージがあると思います。

私もそう思っていたのですが、いろいろ調べてみると多くの結婚相談所で「20代女性限定プラン」みたいなものがあり、かなり費用が安く設定されていることに気づきました。

結婚相談所の立場として人気の高い20代女性を集めることによって、自社の成婚率を高めたいという意図があるんでしょうね。

今回調べた大手の結構相談所・結婚情報サービスのうち、ほとんどのサービスで「20代プラン」または「20代女性プラン」がありました。

通常コースとの費用の違いをみてみると、以下のようになります。

(すべて税込表示)

オーネットの「20代女性向け」プラン

 初期費用82,080円  54,000

 月会費15,012円 11,124

 

ツヴァイの「20代割」プラン

初期費用156,600円 54,000

 

ノッツェの「20代女性専用」プラン

初期費用133,540円 76,950

月会費4,860円 3,240

 

サンマリエの「20代向け」プラン

入会金32,400円 無料

初期費用162,000円 無料(26歳以下)/64,800円(27〜29歳)

 

このように、年間総額でいうと各社だいたい5〜10万円くらい、通常料金よりも安くなるイメージでした。

29歳と30歳、入会時の年齢が1歳違うだけもこれだけ費用が違うんですね。

 

結婚相談所に20代の女性に合う年齢の相手はいるの?

結婚相談所を20代で利用する場合「自分に合う年代の人が十分いるのかな?」という不安があるかもしれません。

もう少し上の年代の人が利用しているイメージですものね。

たしかに多くの結婚相談所の男性の年齢構成を見てみると、一番多いのは30代後半〜40台前半くらいの方たちです。

【20代〜30代前半の男性】の割合はどうかというと、たとえばオーネットでみてみると

  • 20代:8.5
  • 30~34歳:18.3

ということで、20代〜30代前半の合計:26.8となっています。

だいたい男性会員4人に1人ですね。

この率が高いと感じるか低いと感じるかは人それぞれかもしれませんが、会員のすべてが「結婚を真剣に考えて会員になっている」ということを考えると、決して低くないのではないかと思います。

また年齡構成の割合に関しては結婚相談所によってそれほど大きな違いはないので、あとは会員数の問題になります。

同じ25%でも会員数が4万人を超えるオーネットであれば1万人になりますし、会員数約2万人のサンマリエであれば5,000人ですね。

会員数が多い結婚相談所を選べば、それだけ自分に近い年代の人の数も多いということになります。

 

20代女性におすすめな「若い世代中心」の結婚相談所

また、2015年にサービスをスタートした「ゼクシィ縁結びカウンター」のように、20代〜30代の若い世代の割合が中心の結婚相談所も登場しています。

結婚相談所サービス「40歳以下の男性会員」の割合比較

40歳以下の男性会員の割合
ゼクシィ縁結びカウンター 72.0%
(2017/4現在)
楽天オーネット 52.4%
(2017/1現在)
ツヴァイ 33.6%
(2017/2現在)
パートナーエージェント 53.1%
(2017/4現在)

 

会員数がまだ少ないというデメリットもありますが、ゼクシィ縁結びカウンターのような「会員の世代」に特徴のある結婚相談所を検討してみてもいいでしょう。

 

 

 

20代で結婚相談所を利用した体験談

ではここから、20代で結婚相談所を利用した方たちの体験談をみていってみましょう。

結婚相談所パートナーエージェントで「20代のうちに結婚したい」を実現した女性の体験談

まず、実際に「20代のうちに結婚したい」という希望をかなえるために結婚相談所を利用された女性にインタビューしてみた記事をご紹介します。


>>【成功した婚活体験談インタビュー】結婚するなら結婚相談所がいちばんおすすめです|ゆきなさんのケース

インタビューさせていただいたゆきなさんは「20代が終わるまであと1年」というときにパートナーエージェントに入会し、わずか「5ヶ月」で成婚退会にこぎつけられました。

たとえ29歳であっても、「20代であることの価値の高さ」が伺えます。

 

がるちゃんの赤裸々な「20代の結婚相談所体験談」

女性の赤裸々な本音トークが繰り広げられている女子専用掲示板アプリ「Girls Channel(ガールズちゃんねる)」では、こんなスレッドがたっていました。

「結婚相談所どうでした。」

このスレッドからの生生しい声を拾ってみると、

「やはり結婚相談所は20代のうちに利用したほうがいいのでは?」

と思えてきます。

いくつかご紹介してみましょう。

30歳すぎると急にモテなくなる

普通に生活していたら絶対に出会えないような人と知り合える。
予め、互いのの条件を出した上で紹介してくれるから(年収や身長体重、学歴、喫煙、ギャンブル、趣味等)話が早いのが良い点。
最初から結婚前提で入るから、成婚まで数ヶ月とか。

ただ、若い時は毎週何人も応募があるけど30過ぎると応募が減る(´・_・`)
若さが勝負かな。

「普段の生活のなかでは絶対出会えないタイプの人と出会える」

「お互いの条件がマッチしているので話が早い」

これは結婚相談所をはじめとする婚活ツールを利用する大きなメリットですよね。

そしてやはり「30歳を境に」申し込まれる数は目に見えて減るようです・・

 

30代後半になると「キープさん」に

やはり30代後半だと出産できるか不安だと思われるようで、とりあえずキープされたり2、3番目に置かれます。

はっきりそう言われるわけではありませんが、まめに 連絡きていて食事に行ってても年下の女性と良い縁があったのでと言われたことがあります。

いろいろな人を見れるのは良いですがそれはあちらも同じですから。

でも良い人と出会い幸せになってる話も聞きますし、興味があるなら登録してみるのも良いと思います。

やはり男性は「似たような条件なら若いほうがいい」という人が多いようです。

婚活サイトや結婚相談所を利用すると「たくさんの人の中から選ぶことができる」というメリットのほうに目が行きがちですが、

自分自身もたくさんの中から選ばれないといけない」

ということも忘れてはいけません。

これも「どちらにしろ結婚相談所を利用するのなら、若いうちに利用したほうがいい」といえる理由のひとつになりますね。

 

スペックがよくなくても「20代」というだけで武器になる

20代なら申し込み結構あります。

私は入会した時には仕事に疲れて辞めたあとでしたのでショップのアルバイトでした。しかもブス。
申し込み頂いた中から何人かと出会い、一年ほどで退会し結婚しました。

さすがにエリートの方からは声がかかりませんでした主人は平凡なサラリーマンですが一緒にいて楽しいですし入会してよかったです。

この方のケースは『「普通の幸せ」を手に入れるためには「高スペック」である必要はなく、しかるべきタイミングで自分がするべき行動を起こすだけでいいという良い例といえるでしょう。

20代のうちに結婚相談所を利用することの価値をこの方は誰よりも知っていたのかもしれません。

 

ちなみにこんな投稿もありました・・

☆【結婚相談所の現状】

20代・・・よっぽどなブス以外はとんでもなくモテる
30代・・・美人であれば驚くほどモテる、ブスだとかなり厳しい

 

 

20代で結婚相談所に入会した方の成功例

20代で結婚相談所を利用した成功例を報告してくれている方もいました。

27歳で入会して半年くらいで退会しました。

15人くらいと会って、交際という名の直接連絡取り合って出かけたりしたのは二人。
二人目と結婚が決まったので退会しました。

ほぼ毎日のように申し込みがあり、毎週末にお見合いしてました。朝、昼と二人と会うこともありました。

35歳を過ぎると本当に申し込みがないそうなので、迷ってる人はぜひ。

信じられないかも知れませんが、見た目も中身もタイプな人と結婚が決まって、久しぶりに恋愛してます!

「35歳をすぎると・・」というのは真実味があります。35歳結婚限界説というのもあるくらいですからね。

「申込みをもらえる数が多い」というのは自信にもつながって好循環が生まれそうですが、これも20代女性ならではといえるかもしれません。

 

26才の時に入りました。

正直変な方ばかりかなと自分を棚にあげて思っていました(笑)

私は39才までの方希望だったので紹介されたのは30~39までの方でした。
六人ほど紹介して頂き、見た目がブサイクと思ったのはお一人であとの方は普通の外見でお仕事はしっかり持っている方ばかりでした。

三人の方とおつきあい前提?みたいな感じで平行して会っていました。
27才で今の主人との結婚前提のお付き合いを決め、退会し結婚しました。
主人はイケメンではないですが穏やかで優しいので 私は入会してよかったです。

この方もそうですが、「思ったよりまともな人が多かった(笑)」という感想を持つ人はけっこう多いようです。

実際、男性のほうが収入面の審査が厳しく、ある程度の稼ぐ力=社会性・協調性を持った人だけが会員となっているといえるので、それほど変な人ばかりというのは考えにくいですよね。

「昔と違って今では結婚相談所の利用は一般的になっていて、とんでもない人ばかり紹介されるわけではない」というのはよくいわれることですが、実際に利用している方の感想からもそのことが伺えます。

 

まとめ。30代になって結婚相談所を使うくらいなら20代で使ったほうがいい

ということで、今回は20代女性が結婚相談所を利用したほうがいい理由をご紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか?

人生プランは人それぞれだと思いますが、20代のうちに本気で婚活して結婚することのメリットは小さくありません。

「20代で婚活するのは恥ずかしい」という意識もあるかもしれませんが、もし「30代になったら結婚相談所を使うかも」と少しでも考えているのなら、メリットの大きい20代のうちに利用してみることをおすすめします。

 

20代の割合が多い結婚相談所
『ゼクシィ縁結びカウンター』
無料相談会に申し込んでみる