結婚相談所の選び方

オーネットとツヴァイを比較!口コミ評判・サービスで選ぶならどっち?

全国に4000社以上あるといわれている結婚相談所のなかでも「最大手」といわれるのが、

 オーネット(楽天グルーブ)

 ツヴァイ (イオングループ)

この2社です。

楽天とイオンという巨大グループの結婚相談所サービスということで、認知度も高いですよね。

今回はこの2社で迷っている方の参考になるように、「サービス内容・システム」と「口コミ評判」で比較してみました。

あなたの結婚相談所選びの参考になれば嬉しいです^^

 

 

 

 

 

 

オーネット・ツヴァイに「きめ細かいサポート」は期待できない?

まずオーネットとツヴァイはどちらかというと「結婚相手の情報を提供する」よりのサービスであって、あなたがイメージしている「結婚相談所」とは違う可能性がある、ということを押さえておきましょう。

何が違うかというと、結婚相談所は専任の仲人やカウンセラーが「二人三脚」のようなかたちでいっしょに結婚に向けてサポートしてくれるのに対し、オーネットやツヴァイは「条件に合う相手会員の情報提供」がメインのサービスなんですね。

 

「アドバイザー」と呼ばれる人はいるものの・・

一応、「アドバイザー」(オーネット)や「マリッジコンサルタント」(ツヴァイ)という存在はいますが、結婚に向けてあなたとお相手双方に連絡を取りながら背中を押してくれたりするような、きめ細かいサポートは期待しないほうがいいです。

実際オーネットのアドバイザーは約200人いますが、会員が約4万人ですので、単純計算で1人のアドバイザーが200人の会員を担当していることになります。

このことから考えても「きめ細かいサポート」が難しいということがわかりますよね。

 

ツヴァイの場合の「マリッジアドバイザー」も、仲人型結婚相談所の仲人さんのような「二人の結婚のために水面下で動いて力を尽くしてくれる」ようなサービスではありません。

なので、

「自分で主体的に結婚までもっていける」
「第三者にとやかく口を出されるのは好きじゃない」

こんなタイプの人が、オーネットやツヴァイには合っているといえます。

 

もっとしっかりしたサポートを希望する場合は「サンマリエ」「パートナーエージェント」「IBJメンバーズ」や、中小規模の結婚相談所のほうがおすすめできます。

 

どれくらい紹介してもらえるのか?会えるのか?

オーネットやツヴァイといった「結婚相手(候補)の情報提供を受けられるサービス」を利用する一番のメリットは

「身元のしっかりとした、希望条件に合う結婚相手(候補)を紹介してもらえる」

ということになるわけですが、それではどんなかたちでどれだけの人を紹介してもらえるのでしょうか?

 

オーネットとツヴァイの会員数比較

まず会員数を比較してみると、

 オーネット:46,638名(2017年1月現在)
ツヴァイ:30,293名(2017年2月現在)

ということで、さすが大手2社ということで会員数はトップクラスです。

(ちなみに「パートナーエージェント」で約1万人、「サンマリエ」で約2万人、ノッツェは提携先をあわせて約2万8千人です。)

ここ最近の会員数の変化を見てみると、オーネットのほうが会員の伸び率は高いようですね。

 

営業所の数

営業所の数は、とくに地方の方には大きく関わってくる問題です。

とくに相手の写真を確認したい場合

 オーネットは営業所に行かないと写真つきプロフィールから申込できませんし(オーネットパス)

 ツヴァイもお見合い相手の写真を確認するためには、営業所の専用PCからしか見れないようになっています。(お互いが「ネット公開OK」としていればスマホ等でも見れます)

 

最寄りに営業所があるかないかで、活動のしやすさ(=継続のしやすさ)が大きくかわってくるんですね。

 

両者の営業所の数を比べてみると・・

オーネット:全国42支店

ツヴァイ:全国56支店

と、若干ツヴァイのほうが多くなっています。

とはいえ、どちらも全都道府県にあるわけではありませんので、地方在住の方は公式サイトで「最寄りの支店がどこにあるのか?」を確認しておくことをおすすめします。

 

オーネットとツヴァイで紹介してもらえる人数は?

では次に「実際に紹介してもらえる人数」を比べてみましょう。

 オーネット:紹介人数年間72名 (毎月6名)

 ツヴァイ:保証紹介人数年間72名以上 

コースにもよりますが、ツヴァイは条件マッチングで条件さえあえば、毎月6名「以上」紹介があります。

実際の口コミでもツヴァイで月10名ほど紹介された、という声もありますね。

また紹介以外に会報誌などを通しての「相手からの申込み」もあります。20代女性なんかですと、相手からのアプローチも数多くもらえるはずです。

 

紹介される人のマッチング方法の違い

どちらも「データマッチング」と呼ばれる、お互いの希望条件が合致する人をコンピューターがはじき出して紹介するという紹介方法になりますが、マッチングの方法には次のような違いがあります。

 オーネット:200項目に及ぶ精細なデータマッチング 

 ツヴァイ:10数項目のデータマッチング+価値観マッチング

オーネットのほうは、200項目にもおよぶ精細なデータマッチングなんですね。

この項目がひとつでも合致しない人は紹介されないというシビアなデータマッチングです。

ツヴァイのほうは10数項目なので、同じデータマッチングでもかなりゆるい感じがします。

ですので、オーネットで条件が厳しくて紹介数が確保されにくい人であれば、ツヴァイのほうが紹介人数は増える可能性があります。

 

ツヴァイの「価値観マッチング」とは?

またツヴァイの価値観マッチングというのは、32項目の設問から導かれたあなたと相手の「価値観」を判定し、そのマッチ具合を見て「この人を紹介してほしい」と思う人を選べるシステムです。

婚活の視野を広げるためには良いシステムですが、データマッチングとは別扱いなので、相手のプロフィールが自分の希望条件に合っているかどうかはわからないというデメリットも生じます。

 

オーネットとツヴァイ 「自分から申し込む」ケースの比較

基本的には「お互いの希望条件が合致する人を紹介してもらう」というのがオーネットとツヴァイのサービスのスタイルですが、「こちらから相手を自由に選んで申込める」パターンもあります。

 

オーネット:

■オーネットパス(支店のPCで写真検索して申込み)⇒年間30名まで申込可

■会報誌などから申込み⇒年間96名まで申込可

ツヴァイ:

■会報誌とインターネットの会員サイト、支店のPRボード(掲示板みたいなもの)から申込可

 

「写真付のプロフィール」を見て相手を選べるのは?

このうち「相手の写真付プロフィールを見て、いいと思う人に申し込める」のは、

オーネット:オーネットパス(支店の専用PCで検索して申込み。1回10名x年間3回利用可能)

ツヴァイ:PRボード(各支店に貼りだされている写真付プロフィールを見て申込み

という方法のみになります。

いずれも自宅PCやスマホから検索できるインターネット婚活サイトに比べると不便に感じるかもしれませんが、プライバシー面の安心感を重視した方法になっていますね。

 

もし「写真付プロフィールを見て申し込む相手を決める」ということメインに活動されたいのであれば、

といった結婚相談所を検討するとよいでしょう。

 

オーネットとツヴァイ 費用の比較

bills-496229_1280

では次に費用を比較してみましょう。(価格はすべて税別)

  オーネット ツヴァイ

入会金

30,000円 30,000円
初期費用 76,000円 95,000円
月会費 13,900円 13,800円
休会中の月会費 500円 1,500円
成婚料 0円 0円
1年間フルに
活動した場合の総費用
272,800円 290,600円

このように、ほぼ同じ費用になります。

初期費用が2万円ほど、オーネットのほうが安くなっていますね。

月会費はほとんど変わらないので、費用を選択の基準にするのは難しいかもしれません。費用よりも「サービス内容が自分にあっているのかどうか」で見極めたほうがよさそうです。

 

 

オーネットとツヴァイ、口コミの評価は?

それでは次に口コミの評価をみてみましょう。

 

担当者についての口コミ

オーネットとツヴァイ、ともに多かったのは「入会したらほったらかしにされた」という(クレームの?)声です。

ですが、これは最初に書いたとおり「結婚相手(候補)の情報提供がメインのサービス」にはあまり期待しないほうがいいことなんですよね。

結婚相談所サービスのなかでも「オーネット」と「ツヴァイ」のようなデータマッチングによる相手の紹介がメインのサービスは、入会後のサポートはおまけ程度と思っていたほうがいいと思います。

ただそのなかでも「この人にサポートしてもらえてよかった」という声が多かったのはオーネットのほうでした。

オーネットはひとりの担当者が200名前後の会員を担当するため「きめ細かいサポート」は期待できないかもしれませんが、その分こちらから相談するといろいろとアドバイスをもらえるようです。

(その場合も人との相性はあるかもしれませんが・・)

 

 

また、私が実際に無料カウンセリングにいった経験をふりえると、

オーネット:担当としてしっかりつきますよ!というアピールがあった

ツヴァイ:基本はご自分でがんばってくださいね、と言われた

だったので、比較するとオーネットのほうがサポートは受けられそうです。

 

「出会うまでの流れ」ついての口コミ

オーネットとツヴァイはマッチングして出会うまでの流れが違います。

オーネットの場合:

マッチングするとネット上の「二人用のお話掲示版」が開き、そこでメッセージのやりとりが始まります。

この評判がなかなかよく、「この期間に相手の人柄を探れるので、会うだけムダかどうか事前に判断できるがいい」という口コミがありました。

またこの掲示板上でお互いの写真を公開しあうことで、自宅にいながらにしてお相手の顔写真を確認することができるようになります。

 

ツヴァイの場合:

マッチングするとお互いのメールアドレス等を交換して直接やり取りに入り、すぐに会うかんじですね。

掲示板でのメッセージのやりとりが面倒だと感じる人はツヴァイの方が合うかもしれません。

ツヴァイの「価値観マッチング」は不評?

ツヴァイの出会いのシステムで独自の「価値観マッチング」というのがありますが、これはあまり評判がよくありませんでした。

自宅でネットで検索して申し込むことができるのですが、「価値観プロフィール」のみで他の「収入」や「身長」などでは検索できませんし、写真もついていません。

「価値観の一致」は大切かもしれませんが、そのかわりに他の条件がわからなくなってしまっているので、これはシステムとして改善の余地があると感じます。

 

 

写真(プライバシー)についての口コミ

Selective focus. Close up view of digital tablet with copy space for your text or advertisement. Cropped isolated portrait of surprised young brunette woman looking out of the blank tablet computer ** Note: Soft Focus at 100%, best at smaller sizes

オーネットはマッチングが成立した後の掲示板上で同意がとれれば、お互いの写真を自宅PCから見れるようにできます。

それに対してツヴァイのほうは、マッチングしたとしても、基本的には支店に行かないと相手の写真は見れません。(事前にネット上に写真を出すのをOKしている人どうしは見ることができる)

このツヴァイのシステムが安心だという声は、とくに女性から上がっていました。

やはり信頼のある大手の結婚情報サービスとはいえ、ネット上に写真を出すことに抵抗がある人にとっては、ツヴァイのサービスのほうが安心というのはあると思います。

 

まとめ。

以上、オーネットとツヴァイをシステムや口コミから比較してみましたが、いかがでしたでしょうか?

どちらも「データマッチングによる紹介」をサービスの柱としていますが、細かくみていくとけっこう違いがありますよね。

どうしても迷ってしまった場合、最終的には実際に足をはこんで「無料カウンセリング」を受けてみて、

  • 担当者の性格が自分にあうかどうか
  • 社内の雰囲気はどうか

などを確認することで、よりただしい判断ができると思います。

ぜひあなたにとってベストの結婚相談所をみつけてくださいね。

 

 

 

 

 

結婚相談所が気になっているけど抵抗もある方へ

「結婚したいけど、結婚相談所にはちょっと抵抗がある・・」という気持ちはどうしてもぬぐえないですよね。

そんなあなたのために、結婚相談所で成婚されたS.N.さん(女性 33歳)が

「あなたにあった結婚相談所が本当にあるのかどうか」を見きわめるための「結婚相談所選びで失敗しないための準備マニュアル」を寄稿してくださいました。

「ちょっとでも結婚相談所が気になってる」という方はぜひ読んでみてください。

>>結婚相談所選びで失敗しないための準備マニュアル