婚活サイト・恋活アプリ

婚活サイトや恋活アプリで結婚できる?婚活方法としての可能性を検証してみる

婚活サイトや恋活アプリで本当に結婚できるのでしょうか?

「ネットで婚活」ができる婚活サイトや恋活アプリは、ユーザー数が増え続けていて、今『もっとも利用している人が多い婚活ツール』といえるかもしれません。

でもいっぽうで、

「遊び目的で使っている人が多い」
「結婚相手を探すのには向いてない」

といった声も聞こえてきます。

はたして婚活サイトや恋活アプリで結婚相手を探すのは可能なのでしょうか?

今回は「本気で結婚相手を探したい」と思っているあなたにとって、婚活サイトや恋活アプリは婚活ツールとしてどういった価値があるのか?についてみていきたいと思います。

 

婚活サイト・恋活アプリの「婚活ツール」としてのメリット

まず婚活サイト・恋活アプリの「婚活ツール」としてのメリットから確認しておきましょう。

1.お金がそんなにかからない

婚活ツールとしてもっともお高い結婚相談所だと、年間でかかるお金は数十万円単位。

また、安いと思われがちな婚活パーティーも、ある程度のレベルのパーティーを選ぶと1回の参加で5〜6千円することも。

それにたいして婚活サイトや恋活アプリの場合、有料会員になったとしても「月2-3,000円」程度ですみますし、女性は完全無料で利用できるサービスもあります。

「お金をかけずに婚活したい」

そんな方にとってはまず検討したい婚活ツールです。

 

2.出会える人数のパイ(母数)が大きい

さまざまな婚活ツールのなかで、婚活サイト・恋活アプリの「出会える可能性のある人数」はずば抜けて多いです。

他の婚活ツールでつながれる人数は・・

  • 1回の婚活パーティーでつながりをつくれる人数:10-20名程度
  • 結婚相談所の会員数:最大でも全国で5万人程度

多くてもこれくらいですね。

 

リアルタイムで数十万人が活動中

それにたいし、婚活サイト・恋活アプリの場合はサービスによっても違いますが、

『(リアルタイムで活動している)会員数が数十万人』

というのは当たり前です。

「より多くの人のなかから自分に合う相手を見つけられる」

というのも婚活ツールとしての大きなメリットのひとつといえるでしょう。

 

3.いつでもどこでも、スキマ時間でも活動できる

婚活サイト・恋活アプリであれば、基本スマホひとつあればいつでもどこでも活動を前にすすめることができます。

  • 通勤電車のなかで
  • 仕事中のちょっとした空き時間に
  • 夜眠りにつく前の15分で

こんなすきま時間に、運命の人との出会いが待っているかもしれないのです。

これは他の婚活ツールにない、大きな魅力といっていいでしょう。

 

婚活サイト・アプリで結婚相手を探すのは難しい!という話

ここまで婚活サイト・恋活アプリの「婚活ツールとして優れている点」をあげてみましたが、デメリットもあります。

それは「会った人が(本当は)どんな人なのか」という確認がとりづらいということ。

お互いに「いいね!」をしあい、メッセージ交換で盛り上がって、実際に会えたとしても、その人の

  • 職業
  • 収入
  • 未婚か既婚か
  • 遊び目的か、結婚相手を探しているのか

このような情報が正しいかどうか?確証はとれないことがほとんどなんです。

そのためたとえば、

「年収800万円の独身公務員と信じて付き合っていたのに、年収400万円の妻子持ち自営業者だった」

といったケースもありえるわけです。

 

「年齢確認」は義務づけられているけど「本当の年齢」はわからない?

「相手のことがよくわからない」ひとつの例として「年齢」についてみてみましょう。

 

「出会い系サイト」もふくめ、ネット上で男女の出会いを提供するサービスはすべて

「利用者の年齢確認」は義務づけられています。

「出会い系サイト規制法」(正式名称は「インターネット異性紹介事業を利用して児童を 誘引する行為の規制等に関する法律」)によって定められています。

 

 ただ「年齢確認」といっても「18歳以上であることの確認」なので、本人の実際の年齢がわかるわけではありません。

「年齢確認の方法」によっては年齢詐称も可能

ブライダルネットのように、免許証など「本人確認書類」の画像提出が必要なサイトであれば大丈夫なのですが、年齢確認の方法が「クレジットカードの登録」でできるサービスでは年齢詐称が可能になっています。

たとえばほとんどの出会い系サイトや『ペアーズ』などの規模の大きい恋活アプリでは「クレジットカードの登録」だけで年齢確認(18歳以上であること)ができます。

これらのサービスでは、たとえ「25歳」とプロフィールにあったとしても、実際には45歳かも、というリスクはあるわけです。

 

 

「本人確認書類」が必要な婚活サイト・恋活アプリのほうが信頼性は高い

その意味ではたんなる年齢確認ではなく「本人確認書類」の提出を義務付けている婚活サイト・恋活アプリのほうが、安心して活動をすすめることができます。

 

メッセージ交換などに「本人確認書類」の提出が必要な婚活サイト・恋活アプリの例

本格的な利用に「本人確認書類(画像)の提出」が必要な婚活サイト・恋活アプリには、以下のものがあります。

  • youbride
  • ブライダルネット
  • Omiai
  • ゼクシィ縁結び

これら4つのサービスは、どれも「たんなる出会いよりも結婚を意識したサービス」なんですよね。

(とくにブライダルネットは結婚相談所「IBJメンバーズ」のスタッフが相談にのってくれたりもします。)

「結婚相手を探しているユーザーのために、会員になるハードルを上げてでも【身分の保証】を優先している」

ということなので、婚活を第一に考えているユーザーにとってはおすすめのサービスといえます。

 

 逆に「ペアーズ」「with」「マッチアラーム」「マッチ・ドットコム」といったところはクレジットカード登録だけで活動ができるため、「相手の身分の保証度合い」はすこし落ちることになります。

 

「年収証明書」「独身証明書」の提出も可能

また「ブライダルネット」「youbride」「ゼクシィ縁結び」といったサービスでは、

  • 年収証明
  • 独身証明書の提出

の提出も可能になっています。(画像で)

これらの書類は通常「結婚相談所での身分確認」に必要とされるものですが、「ユーザーにその気があれば」提出できるようになっているんですね。

提出している人の数はけっして多くはありませんが、提出済みユーザーは「結婚相談所の会員と同レベル」の身分保証がされていることになります。

 

「本気で婚活」したいなら、身分保証度の高い婚活サイト・恋活アプリを使おう

というわけで、もしあなたが求めているのが「たんなる出会い」ではなく「結婚相手」なのであれば、

  • ブライダルネット
  • youbride
  • ゼクシィ縁結び

といった「ユーザーの身分の保証度が高いサービス」を使うことをおすすめします。

婚活サイト・恋活アプリの弱点を最小化しつつ、「会員の多さ」「費用の低さ」「いつでもどこでも活動可能」といったメリットをうけることができます^^

 

実際に婚活サイトや恋活アプリで結婚した人たちの声・口コミを聞いてみる

ここまでいろいろと論じてきましたが、結局経験してみないことにはわからない面も多いと思います。

そこで、

「実際に婚活サイトや恋活アプリで結婚できた人たち」は、どんな経験をしながら結婚にいたったのか?

という実際の声を聞いてみることが参考になります。

 

ブライダルネットで結婚された人の声

>>2回目のデートで告白!お互いの誠実さに惹かれ合いました。たかしさん40代前半・さゆりさん30代後半

このお二人のケースでは、「各種証明書」をたかしさんがすべて提出していたのが最初の決め手になっています。

  • 本人証明
  • 住所証明
  • 勤務先証明
  • 年収証明
  • 学歴証明
  • 独身証明

 さすがブラダルネットは結婚相談所もやっている「IBJ」が運営しているだけあって、これだけの種類の証明書類が提出できるようになってます。

(本人証明以外は「義務」ではありません。)

 

さゆりさん
さゆりさん
彼は証明書がパーフェクトだったんです!それだけ婚活に真剣ってことですよね。

 

さゆりさんがこのようにおっしゃっているとおり、

任意ではあっても「各種証明書類の提出」が可能なブラダルネットのようなサービスであれば、ネット婚活につきものの

「相手の情報が本当かどうかわからない

という可能性をほぼゼロできます。

結婚相手を探すことへのハードルはぐっと低くなりますよね。

 

これは「結婚への本気度が高い婚活サイト」のひとつであるブラダルネットの大きな魅了のひとつといえるでしょう。

 

>>ブライダルネット公式サイト

 

 

youbrideで結婚された人の声

youbrideの公式サイトに飛ぶと、「ユーブラ婚レポート」という「youbrideをとおして知り合ったカップルが、どんな流れで結婚までいたったのか?」についてのレポートがみられます。

>>ユーブラ婚レポート

本当にたくさんの、それぞれバリエーションに富んだ「サイトへの登録→出会い→お付き合い→結婚」という流れをみることができるので、

「本当に婚活サイトで結婚できるの?」

という疑念があたまから離れないという方は、みてみるといいと思います。

 

「今はこんな状況の私でも、もしかしたら可能性がひらけるかも・・」

と思えるかもしれません。

 

ペアーズで結婚した人の声

ちょっと意外だったのですが、本人証明書類の提出なしでも活動できる「恋活より」のペアーズでも「成婚者」はけっこういるようです。

>>お客様から届いた幸せレポート

 

このなかで成婚インタビューにこたえている女性が、「はじめての相手と会うときの【怖さ】」についてコメントされています。

会いたいとお誘いを頂いたのですが、「会いに行くのが怖い」という気持ちも少しありました。

ですが、待ち合わせ場所を私の友人が働いているカフェにしてくれたり、昼間の1時間だけと決めてくれたおかげで安心して会いに行くことができました。

 

・・つまり男性の側が「安心して会えるように」気遣いをみせてくれたんですね。

本人確認が比較的ゆるいペアーズのようなサイトで結婚するためには、

  • 男性は「女性を安心させる気遣い」
  • 女性は「男性が安心させてくれるかどうかのチェック」

が大事になってくるのかもしれません。

 

自分の結婚観をみつめなおすきっかけになる「婚活サイト・恋活アプリ」

またペアーズで結婚された方のコメントに次のようなものがありました。

Pairsで色んな方のプロフィールをゆっくり見るうちに、自分がどんな価値観の人と結婚したいと思っているのかを考えるようになりました。

実は、

「いろんな人のプロフィールを自由にみてみる」

というのは、「婚活サイト・恋活アプリ」に登録することでしか(ほぼ)できない行動です。

❏婚活パーティーなどは・・:実際に会えても、その人の詳しいプロフィールやバックグラウンドを知ることはできない

❏結婚相談所では・・:詳細なプロフィールは登録されるが、「プロフィールを自由に見ること」は制限されていることが多い

 

婚活サイト・恋活アプリに登録すれば、数万〜数十万もの人たちのプロフィールを自由に見ることができます。

たしかにこれは「自分が結婚生活や結婚相手に何をもとめているのか?」を振り返るためのこれ以上ない機会といえそうですよね。

 

まとめ

ということで今回は婚活サイト・恋活アプリで結婚できる可能性について探ってみましたが、いかがでしたでしょうか?

私(管理人)自身もそうだったのですが、婚活を始めてから最初にとった行動が「婚活サイトへの登録」でした。

そして最後の話にもあったとおり、婚活サイトに登録して

  • 自分のプロフィールを考え、
  • たくさんの人のプロフィールをみてみる

ことが、結婚について真剣に考え、婚活の一歩を力強く踏み出すきっかけになったと感じています。

なのであなたがもし「婚活サイトで結婚できるの?」と迷っているのだとしても、とりあえず登録して始めてみる価値はある、というのが私の考えです。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

【↓結婚への本気度がとくに高い2つのサービス】

>>『ブライダルネット』に無料登録してみる

>>『youbride』に無料登録してみる

 

 

 

目的別に恋活アプリ・婚活サイトを選ぶ