CATEGORY:結婚相談所を料金で比較して選ぶ

結婚相談所の料金・費用・サービスを徹底比較!失敗しない選び方

結婚相談所の料金ってわかりにくくありませんか?

その大きな理由のひとつは「費用がかかるポイントがいくつもある」という点にあります。

たとえば・・

  • 入会時(入会金)
  • 初期登録費用
  • 月会費
  • お見合い料
  • オプション使用料
  • パーティー参加費用
  • 成婚料

などなど。。

さらに結婚相談所サービスによって「成婚料」や「お見合い料」はかからなかったり、最近では「初期登録費用」もかからないリーズナブルなサービスも登場していたりと、各サービスによって料金体系が異なっています。

そこで今回は、各結婚相談所の料金体系とサービスを比較しながら、

 あなたにはどんなスタイルの結婚相談所が合っているのか

 そのスタイルの結婚相談所の費用がどれくらいかかるのか

といった点について詳しくみていきたいと思います。

 

また20代や40代など、あなたの条件によって料金が違ってくる場合についてもみていきたいと思いますので、

「まずは料金をとっかかりに、結婚相談所について比較検討してみたい」

という方はぜひ参考にされてみてください。

 

結婚相談所各社の費用(1年分)を比較して相場を把握してみる

まずは各社の料金を比較して、「1年利用するとこれくらいかかる」という相場を把握してみましょう。

1年活動して成婚退会した場合の費用比較

※表示は税別

 サービススタイル1年活動・
成婚退会した場合の年間費用(税別)
お見合い料成婚料
オーネット
データマッチング272,800 
ツヴァイ
データマッチング290,600 ー 
ノッツェ
【月10名申込コース】
Net317,500  ーー 

ノッツェ
【お見合アシストコース】

Net/紹介・サポ411,500 円+
10,000円xお見合い数)
 有有 

サンマリエ
【グランマベール】

紹介・サポ442,000 円+
10,000円xお見合い数)
 有有 
サンマリエ
【コンパス】
紹介・サポ

250,000 円+
10,000円xお見合い数)

 有有 
パートナーエージェント

紹介・サポ367,000  ー  有
IBJメンバーズ
【エントリー】
Net・サポ545,000  ー   有
IBJメンバーズ
【スマート】
Net・サポ600,000 ー   有 
IBJメンバーズ
【スマートプラス】
 Net
/紹介・サポ
620,000  ー 有
IBJメンバーズ
【プライム】
Net
/紹介・サポ
760,000 ー   有 
ゼクシィ縁結びカウンター
【シンプル】
Net・サポ138,000  ー ー  
ゼクシィ縁結びカウンター
【スタンダード】
Net
/紹介・サポ
222,000 円  ー  ー 
ゼクシィ縁結びカウンター
【プレミア】
Net
/紹介・サポ
306,000 円  ー  ー 

 

(ノッツェのみ一括払い)

 

各社のサービス形態の違い解説

上記の一覧表で「サービススタイル」を色分けしてみました。全部で5種類あります。

それぞれの特徴をざっとみてみましょう

1.データマッチング紹介型

「楽天オーネット」と「ツヴァイ」に代表されるタイプです。

相手の条件を指定し、その条件に合った(データがマッチした)人だけを紹介してもらえるというシステムです。

インターネット婚活サイトのように、こちらから相手を検索して申し込むことは基本的にはできません。(一部付加サービスで似たことはできますが、メインは「紹介」になります)

ひとことにデータマッチングといっても、オーネットは約200項目、ツヴァイは10項目ちょっとと、マッチングさせるデータ量には大きな違いがあります。

希望の条件がよりはっきりしている方であればオーネットのほうが精度の高い紹介を受けることができます。

 

 

2.Net申込み

「ノッツェ」の通常コースに特徴的なスタイルです。

いわゆるインターネット婚活サイトや婚活アプリと同じように、全会員の写真つきプロフィールを自由に検索して気に入った相手に申込みをします。

  • こちらから自由に相手を探せる
  • 「紹介型」では知ることができない、全会員のプロフィールをみることができる

というメリットはありますが、「自分が相手の条件にマッチしていない可能性がある」ため、申し込んでも実際に会える確率は高くありません。

そういう意味ではデータマッチングのほうが少なくとも「データ上の食い違いはない」ので会える確率は高いといえます。

相手の見た目や雰囲気を重視した婚活をしたい方にはおすすめです。

 

Net申し込み+紹介・サポート型

Net申込み型に加え、専任カウンセラー(アドバイザー)のサポートと紹介もついたスタイルです。

「ノッツェ」の「お見合いアシストコース」と「IBJメンバーズ」「ゼクシィ縁結びカウンター」それぞれの上位コースがこれにあたります。

  • 自分で自由に検索して申し込める
  • カウンセラー目線での紹介が受けられる
  • カウンセラーのしっかりとした活動サポートが受けられる

ということで、結婚相談所のスタイルとしてはすべてをそなえた究極のかたちといえるかもしれません。

 

IBJメンバーズが高額な理由

「IBJメンバーズ」の上位コースはかなりの高額になっていますが、これはサービスの充実度に加え、IBJの登録会員全国約58,000名にアプローチできるという母数の大きさもあってのこの価格といえます。

 

ゼクシィ縁結びカウンターのリーズナブルさは異常レベル

それにたいして「ゼクシィ縁結びカウンター」は

「結婚相談所への抵抗をなくす・ハードルを下げる」

というコンセプトで設立されただけあって、会員数は約13,000名と見劣りするものの、同様のサービスを信じられない低価格で提供しています。

 

4.紹介・サポート型

パートナーエージェント、サンマリエに代表されるタイプです。

コンシェルジュ(パートナーエージェント)、コンセイラー(サンマリエ)という専任でサポートを担当してくれる存在がおり、お相手の紹介もしれくれます。

たんなるデータマッチングにはないメリットとしては、

 紹介のフィードバックを通してあなたとのコミュニケーションを深めていくことによって、紹介やサポートの精度がどんどん良くなっていく

活動に行き詰まったりモチベーションが下がったときに「強制的にでも」前に進ませてくれる

といった声がきかれます。

 

5.Net申込み+サポート型

ネット申込み型に、専任カウンセラーのサポートもつくタイプです。

「IBJメンバーズ」のエントリーコース、「ゼクシィ縁結びカウンター」のシンプルコースがこれにあたります。

「第三者目線での紹介がなくても自分に合った相手は自分でみつけることができる」という方に適したスタイルです。

とくにゼクシィ縁結びカウンターのシンプルコースは1年間活動しても138,000円(税別)と、飛び抜けて低価格になっています。

 

サービス形態の違いから費用の違いが生まれる

以上、5つのスタイルをご紹介しましたが、これ以外にも「どのポイントで費用がかかるか?」についての違いもあります。

成婚料・お見合い料の有無

一覧表の右端にあった「お見合い料」「成婚料」については、結婚相談所サービス各社によって有り・無しの違いがあります。

一般的には「成婚料がかかるサービスは、入会後の手厚いサポートが期待できる」といわれています。

サービス提供側からすると当然そうなりますよね。

 

各社の成婚料比較

各社の成婚料を比較すると次のようになっています。

 成婚料(税別)
ノッツェ
【お見合いアシストコース】
100,000 
サンマリエ100,000 
パートナーエージェント50,000  
IBJメンバーズ200,000  

 

IBJメンバーズの成婚料200,000円は、活動総費用を引き上げる要因になっています。が、やはりその分サポートが分厚く、とくに男性からの評価は高いようです。

(参考:男性の結婚相談所満足度ランキングNo.1はIBJメンバーズ

 

各社のお見合い料金比較

次にお見合い料金をみてみましょう。

 1回のお見合い料
(税別)
ノッツェ
【お見合いアシストコース】
10,000  
サンマリエ10,000  

今回とりあげた、わりと大きめの規模の結婚相談所サービスのなかでは「ノッツェのお見合いアシストコース」「サンマリエ」がお見合い料金を設定しています。

個人レベルでやっている小規模の結婚相談所ではお見合い料がかかるのはわりと一般的ですね。

 

お見合い料がかかるメリットとは?

「婚活を成功させるために、できるだけ多くの人に会いたい」という人は多いと思います。

そんな人にとって「お見合い料金」はデメリットにしか見えませんよね。

 

ところがお見合い料金がかかることには実はメリットもあります。

それは「ひとりの相手のことを真剣に考えることができる」という点です。

これはサンマリエの担当の方に伺った話ですが・・・

仮に次から次へと無制限に会える状況だった場合、

うーん、この人もいいけど、もしかしたらもっといい人に出会えるかも・・

という期待が上回って、目の前の人のことに真剣に向き合える度合いが低くなる可能性があるんですよね。

「お見合い料」という負荷がかかることによって、目の前の相手ともう少しじっくり知り合ってみようという気持ちが生まれやすくなります。

またこれは「相手からも自分に真剣に向きあってもらいやすい」ということでもあり、たしかにお見合い料がかかるメリットも小さくないといえそうです。

 

サポートに力を入れる=人件費がかかる

もうひとつサービス内容と費用の関係としていえることは、一般的に

サポートに力を入れる=人件費・教育費がかかるため料金アップ

ということがいえます。

単純な教育費用もかかりますし、サポートに力をいれるためには

 「カウンセラーひとりあたりが担当する会員の数」を制限する必要

があります。

 

カウンセラーひとりあたりの担当会員数の違い

一例をあげると、データマッチング型のオーネットの場合、一人の担当者が担当する会員の数は計算上200人程度になると予想されます。(会員数と担当者数から計算した場合)

それにたいして、サポートに力をいれていると評判の各社の「担当者ひとりあたりの会員数」を比べてみると・・

 担当者ひとりあたりの会員数
サンマリエ100 名前後 
パートナーエージェント30〜90 
(平均50名前後) 
IBJメンバーズ60 名前後 

このように、一人のカウンセラーが担当する会員数がしぼられています。

それにより、ひとりひとりの会員へのより目の行き届いたサポートが可能になっているわけですね。

このようなサポートの手厚さを期待するかどうかといった点も、満足のいく活動ができる結婚相談所を選ぶうえでの大きなポイントになります。

 

ここまでのまとめ

あなたにあった結婚相談所を選ぶポイントとしては費用だけでなく、サービス内容の違いも考える必要があります。

ざっくりとそれぞれのサービススタイルがどんな人に合っているかを示すと・・

データマッチング型:

  • お互いの希望条件を満たした人とだけ会うことで、効率よく婚活をすすめたい
  • 自分の客観的なプロフィール【年齢・年収・体型など】には自信がある

 

ネット申込み型:

  • 相手の写真つきプロフィールを自由に検索してこちらから申込みしたい
  • 年齢やバツイチ子持ちといった「条件」的には厳しいが、容姿には自信がある

 

紹介・サポート型:

  • 自分ひとりの力ではなかなか婚活を前にすすめられないと感じている
  • 人からのアドバイスに素直に耳を傾けることができる

 

このような感じになりますね。

間違いなくスタイルによっての向き不向きはありますので、あなたに合ったスタイルを選択できるよう参考にしてみてください。

では次からは「結婚相談所を少しでも安く利用できる可能性」についてみてみましょう。

 

 

結婚相談所の料金、女性は安い場合がある?

インターネット婚活サイトや恋活アプリの場合よくあるのが「女性無料」という料金設定です。

結婚相談所でも同様の「女性にお得な料金設定」はあるのでしょうか?

 

結婚相談所は「女性余り」の状況がある

結婚相談所には男性会員のほうが多くなりがちな「婚活サイト・恋活アプリ」などとは異なる状況があります。

つまり、結婚相談所は婚活サイトとは逆に

男性会員数 < 女性会員数

という状況が一般化しているんですね。

これには

  • 「結婚相談所に入っても評価される収入」と自覚している男性の数が減少している
  • ハイスペック男性はさっさと結婚している
  • 女性は年齢的なあせりから入会する30代、40代が多い
  • 最近は20代女性の早婚志向が強まり、20代女性会員も増えてきている

といった様々な要因が考えられます。

このような状況があるため、さらに女性会員を増やすための「女性優遇策」はそれほど一般的ではありません。

 

20代女性に限り特典があることも

ただし、結婚相談所が成婚率をあげるためのポイントとなる「20代女性」については特典が設けられていることがあります。

各社「20代向けのお得なプラン」を設定しているケースはよくありますが、その中でも「オーネット」「ノッツェ」の20代向けプランは「女性のみ」が対象となっています。

 

 特典
オーネットの20代女性向けプラン

・入会時費用56,000円引き
・月会費3,600円引き

※紹介人数は通常コース6名以上/月に対し2名/月

ノッツェの20代女性向けプラン・入会時費用54,250円引き
・月会費1,500円引き〜(プランによる)

 

20代であれば男性でもお得な可能性が

この他にも「サンマリエ」「ツヴァイ」には20代限定のお得なプラン(男女問わず)があるので、20代の方であれば結婚相談所をお得に利用できる可能性があります。

 

逆に料金があがることもある?

結婚相談所からすると若い会員は成婚に至りやすいため、積極的に会員になってほしいという思いがあります。

それが「20代向けのお得なプラン」の背景にある考え方ですね。

ではその反対に「年齢があがると料金があがる」ということはあるのでしょうか?

 

42歳以上だと料金が変わるケース

今回取り上げた規模の大きめな結婚相談所ではこういった料金設定はありませんが、たとえば東京の結婚相談所「ブライダルチューリップ」では「42歳以上のプラン」というものがあり、料金が少し高めに設定されています。

IBJ(日本結婚相談所連盟)に加盟している東京の結婚相談所「Bridal(ブライダル)チューリップ」は、 「1年以内の成婚率52%」「2年以内...

 

そもそも年齢により会員になれないことも

また、「自衛隊プレミアムブライダル」のような一部の特殊な結婚相談所サービスでは「女性:20代・30代限定」で40歳を超えると登録すらできないこともあります。

https://www.pre-kon.net/post-465/こちらの記事で紹介のあった「自衛隊プレミアムブライダル 」。 今日本...

 

小規模な結婚相談所を検討する場合、もしあなたが40代以上であれば、念のため料金や入会資格についてもチェックしたほうがよいでしょう。

 

まとめ

以上、今回は結婚相談所の料金とサービス内容の関わりについて見てみましたが、いかがでしたでしょうか?

人件費やスタッフの教育費にコストをかけているところ(=料金が比較的高いところ)は手厚いサポートが期待できるということが一般にはいえますので、

「自分はそこにコストをかけるだけのサポートを必要としているかどうか?」

という点が、結婚相談所を選ぶひとつの選ぶ基準になるといえます。

ただ、なかには「ゼクシィ縁結びカウンター」のように優れたサポート力と価格の安さを兼ね備えた新しいサービスも成長してきているため、一概に「料金が安い=サービスの質が悪い」ともいえなくなってきているんですよね。

ゼクシィ縁結びカウンターがある地域の方は、ゼクシィのサービスを基準にして他を比較してみてもいいかもしれません。

よろしければ参考にしてみてくださいね。

 

 


▼こちらからは大手を中心にした結婚相談所の資料をまとめて取り寄せることができます。

結婚相談所選びのステップをショートカットするために利用してみてください。


>>ズバット結婚サービス比較