結婚相談所で結婚できる?|婚活体験談

【成功した婚活体験談インタビュー】結婚するなら結婚相談所がいちばんおすすめです|ゆきなさん31歳女性

あなたにとって「結婚相談所」はどんな存在ですか?

以前は「婚活の最終手段」「自力で結婚できない人がいくところ」といったネガティブなイメージもあったかもしれませんが、最近は20代の利用者も増え、婚活の方法として広く認めてられるようになってきています。

でも婚活サイトやパーティーよりもハードルが高いのは事実ですよね。

今回、結婚相談所を利用してもいいのかどうか迷っているあなたのために、「結婚相談所で婚活に成功したよ」というゆきなさん(31歳女性)がインタビューにこたえてくださいました。

「本当に結婚したい気持ちがあるなら、結婚相談所がいちばん」と語るゆきなさん。

その理由を詳しく聞いてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 今回お話しをしてくださった『ゆきな』さんのプロフィール


利用した結婚相談所:パートナーエージェント

入会時の年齢:29歳

活動期間:5ヶ月

出会えた人数:15人

 

 

婚活を始めたきっかけは周りのプレッシャー?

 

管理人ユウ
管理人ユウ
まず、ゆきなさんが婚活を意識しはじめたきっかけは何だったんですか?

ゆきなさん
ゆきなさん
まわりの友人たちがどんどん結婚していったというのもありましたし、職場でもプレッシャーみたいなものはありました。
それがきっかけですね。

 

管理人ユウ
管理人ユウ
職場でもそういうプレッシャーはあるんですね

ゆきなさん
ゆきなさん
そうですね、『女性は結婚して退職』っていうような流れがあるわけではないんですが、わりと小さな会社だったので「そろそろでしょ」みたいな雰囲気は感じられました。

それで『どうしても20代のうちに結婚したい』という思いがうまれて婚活を始めることにしたんです。

 

管理人ユウ
管理人ユウ
それまでの恋愛では結婚を意識したおつきあいというのはなかったんですか?

ゆきなさん
ゆきなさん
そうですね。私はつきあうとだいたい1年半〜2年くらいはつきあってきたんですが、20代だったこともあってお互い結婚したいという気持ちは持ったことはありませんでした。

 

初めて利用したのは婚活サイト「ブライダルネット」

ゆきなさん
ゆきなさん
結婚相談所に入会する2年くらい前に「ブライダルネット」という婚活サイトに登録してみたんです。

 

管理人ユウ
管理人ユウ
そこから婚活がスタートしたわけですね

ゆきなさん
ゆきなさん
そうです。

実はそこで出会っておつきあいした人もいたんですが、結婚には至らなかったんです・・・

 

管理人ユウ
管理人ユウ
「ブライダルネット」は婚活サイトのなかでも結婚への意識が高い人が集まっていると聞きます。

それでも結婚にはいたらなかった・・・

ゆきなさん
ゆきなさん
はい。つきあいはじめて1年くらいしたときに、私は早く結婚したかったのでそれとなく聞いてみたんです。

すると「2〜3年のうちにとは思ってるけど、今は考えていない」というこたえで。

そんなに待てないし確実でもないと感じたので、お別れすることにしました。

「結婚相談所」と「婚活サイト」、結婚へのスピード感の違い

婚活サイトと結婚相談所では「結婚までのスピード感が違う」ということをゆきなさんはおっしゃっていました。

『ブライダルネット』という結婚への意識がとくに高いといわれている婚活サイトでさえ「2〜3年のうちに」という会員がいるのにくらべ、結婚相談所で「2〜3年のうちに」という人はほぼいないでしょう。

「すこしでも早く結婚したい」「時間をムダにしたくない」という方にとっては、やはり結婚相談所がベストの選択といえそうです。

 

「1年で結婚する」ために、結婚相談所へ

 

管理人ユウ
管理人ユウ
そして次に選んだのが結婚相談所だったんですね。

婚活パーティーとか、他の方法は考えませんでした?

ゆきなさん
ゆきなさん
婚活パーティーもすこしは考えたんですが、私のなかで「パーティーはもっと若い人がいくところ」というイメージがあったので、「ここではないな」と思って結婚相談所にしぼることにしました。

 

ゆきなさん流「結婚相談所の選び方」とは

ゆきなさん
ゆきなさん
まずはツヴァイやサンマリエ、パートナーエージェントといった有名どころの資料を集めることから始めました。

 

管理人ユウ
管理人ユウ
そのなかで最終的にパートナーエージェントを選ばれたわけですが、その決め手は何だったんでしょう?

ゆきなさん
ゆきなさん
ひとつはパートナーエージェントだけが「1年婚活」といって1年以内で結果をだすことに力をそそいでいるように思えたことです。

私はどうしても1年以内には結婚したいと思っていたので、「1年婚活」という言葉には惹かれました^^

 

管理人ユウ
管理人ユウ
なるほど。たしかにパートナーエージェントは「1年以内の結婚へと導く」「1年以内の結婚を目指しましょう」と明確にうちだしていますよね。

ゆきなさん
ゆきなさん
そうなんです。

それとあともうひとつの理由は、パートナーエージェントは成婚料がかかるという点です。

 

管理人ユウ
管理人ユウ
「成婚料がかかる結婚相談所」のほうがよかった?

ゆきなさん
ゆきなさん
はい。

成婚料がかからないところだと、安くない月会費を毎月払いながら、ずるずると引き止められそうな気がして怖かったんです。笑

あと、パートナーエージェントの成婚料はたしか5万円くらいで、10万円以上かかる他の結婚相談所にくらべて「成婚料が比較的安い」というのもよかったですね。

 

成婚料がかかる・かからない

結婚相談所を選ぶ際、成婚料がかかる・かからないというのはひとつのポイントになります。

一般的にはサポートが充実している相談所ほど成婚料(=成功報酬)が高いという傾向にあります。

(参考記事:結婚相談所の料金を徹底比較!費用だけじゃない、失敗しない選び方

 

パートナーエージェントに入会

ゆきなさん
ゆきなさん
実際にパートナーエージェントの無料相談に行ってみると、説明をしてくれた方がとてもていねいにわかりやすくサービス内容について説明してくれて、とてもいい印象でした。

それでその場で契約をしてきたんです。

 

管理人ユウ
管理人ユウ
パートナーエージェントといえば「コンシェルジュ」による手厚いサポートが特長の結婚相談所です。

無料相談の説明をしてくる人はコンシェルジュとは別の方ですよね?

「入会前にコンシェルジュとの相性をたしかめられない」という不安はありませんでしたか?

ゆきなさん
ゆきなさん
そうですね、まったくなかったというとウソになりますが・・

でも説明してくれた人が本当にいい方だったのと、「他の人もここで活動して結婚してるんだから、私もきっと大丈夫」「ここでダメだったらしょうがない」と思いきれたので契約できたんだと思います。

あと、説明してくれた方が「もしコンシェルジュが合わなかったら私に言ってください。別のものに担当を代えますから」といってくださったので、万が一合わなくても大丈夫なんだろうなと思いました。

 

パートナーエージェント入会後の流れ

ゆきなさん
ゆきなさん
入会すると所属する支社が決まり、そこで担当のコンシェルジュの方との顔合わせになります。

第一印象は「やさしいお姉さん」という感じでしたね。年齢はちょっとわかりませんが、私より年上で、とにかく話しやすい方でした。

最初にプロフィールをつくる作業があるのですが、そのときも私の話をいろいろと引き出してくださいました。私はただ質問にこたえるようなかたちで箇条書きしたものを提出するだけで、立派なプロフィール文をつくってもらえたんです。

すごくラクをさせてもらえましたね。笑

 

管理人ユウ
管理人ユウ
自分で自分をアピールするプロフィール文をつくるのって大変ですもんね。

こういったサポートはさすがパートナーエージェントという感じがします。

ちなみに「ツヴァイ」のようにデータマッチングによる紹介がメインでサポートがそれほど手厚くない結婚相談所の場合、「プロフィールは自分で書いてください」というところもあります。

 

 

実際に紹介がはじまって

 

管理人ユウ
管理人ユウ
プロフィールが完成して、いよいよ紹介が始まったわけですね。

パートナーエージェントは「毎月2名以上」の紹介を保証するとされています。「毎月2名」ってけっこう少ないイメージなのですが、実際はどうでしたか?

ゆきなさん
ゆきなさん
毎週水曜日に紹介が送られてくるのですが、私の場合は毎回4〜5名ずつの紹介がありました。

少ないどころか、そのなかから選んでいくのがけっこう大変でしたね。

 

管理人ユウ
管理人ユウ
そんなに紹介があったんですね!

20代の女性ということで条件的にもマッチするお相手の数がかなり多かったのかもしれませんね。

ゆきなさん
ゆきなさん
はい、人によって違うのだとは思います。

私の主人も当然パートナーエージェントの会員だったわけですが、彼のほうは毎週の紹介人数はそこまで多くなかったといっていました。2人とか。

毎週2名だとしても月7〜8名の紹介になります。パートナーエージェントの公式サイトで保証されている「月2名以上の紹介」というのは最低限の数字ととらえたほうがいいようですね。

 

相手の写真を見ずに会うこともありました(笑)

 

管理人ユウ
管理人ユウ
パートナーエージェントの紹介は、以前は支店にいかないと顔写真が見れないシステムだったそうですね。(今は自宅のPCやスマホからでも確認できるようになっています)

相手の写真がすぐ見れないというのはやはり面倒でしたか?

ゆきなさん
ゆきなさん
そうですね、はじめのころはやっぱり会う前に顔写真をみておいたほうがいいかな、という興味本位で支店まで見に行くこともありました。

でも最後のほうは、顔写真を見ずに会うこともありましたよ。

 

管理人ユウ
管理人ユウ
えー!!相手の顔写真を見ずに会っていたんですか!?男からするとなかなか考えられません。笑

ゆきなさんはそれほど男性の外見は重要視しない方なんですね。

ゆきなさん
ゆきなさん
そうかもしれませんね。「会ってみないとわからないだろう」という気持ちで会いにいっていました。

結婚相談所によって、「紹介時に顔写真が見れる・見れない」という違いがあります。

参考記事:結婚相談所で迷っている方へ|顔写真が見れるかどうかは決め手のひとつ

 

「痛みを共有し、背中を押してくれた」コンシェルジュのサポートについての感想

 

管理人ユウ
管理人ユウ
ゆきなさんは5ヶ月の活動期間中に15名の方と実際に会っていかれたわけですが、パートナーエージェントの特長である『コンシェルジュのサポート』についてはその間どう感じられましたか?

ゆきなさん
ゆきなさん
コンシェルジュの方には入会のときから成婚退会するときまですごく親身になってサポートしていただきました。

最初入会したときには、まだネット婚活(ブライダルネット)で出会った人と結婚に至れなかった辛さを抱えていたのですが、その辛さを共有してくれたのがコンシェルジュの方だったんです。

『ここでは絶対に幸せを掴みましょう』と強く背中を押してくれました。

そして実際かなり親身になって相手を探してくれたようで、コンシェルジュの方イチ推しの、一番最初に出会った男性と最終的に結婚することになったんです。

 

管理人ユウ
管理人ユウ
15名会ったなかでもいちばん最初の人と結婚されたんですね!

ゆきなさん
ゆきなさん
そうなんです。

実は『いちばん最初の紹介』は、コンシェルジュの方が吟味のすえ「この人がいちばん合いそう」と判断したベストの人を紹介してくれるんだそうです。

なので仮にすぐ決断できなかったとしても、いちばん最初の相手は大事にして次につなげていったほうがいいといわれていました。

そのアドバイスにしたがって、いちばん最初の彼を基準にしながらその後14人の方と会っていったわけですが、そうしていくなかで「やっぱり最初の彼がいいな」と感じられるようになっていったんです。

 

管理人ユウ
管理人ユウ
まさにコンシェルジュの方の「イチ推し」が正解だったわけですね。

やはりコンシェルジュの方の人と人との相性を見る目というのは力になるんですね。

ゆきなさん
ゆきなさん
はい。データだけでマッチングするのではなく、コンシェルジュの方が人柄を考慮してマッチングしてくれるところが、パートナーエージェントのいいところだったと思います。

 

活動中にもコンシェルジュのサポートをフル活用

ゆきなさん
ゆきなさん
また、お見合い後には必ず担当カウンセラーとメール連絡を取りあっていました。

私はとにかく「自分に合う方とマッチングしたい」という思いがあったので、どんどん連絡をとって、自分に合う方を探してもらいました。

マッチングした際やその後のデートの前後にも担当カウンセラーと電話で連絡しあい、その後の対策などを練っていましたね。

 

管理人ユウ
管理人ユウ
なるほど。お話をうかがっていると、孤独になりがちな婚活のなかでここまで相談にのってくれる人がいるというのはかなり心強いかんじがします。

 

5ヶ月で成婚退会。結婚をそんな短期間で決められるの?

 

管理人ユウ
管理人ユウ
ゆきなさんは活動5ヶ月で成婚退会されたわけですが、一般的な見方からすると「そんな短期間で結婚を決めても大丈夫なんだろうか?」という疑問がわいてきます。

そのあたりはやはり「結婚するぞ」という覚悟があったということなんでしょうか?

ゆきなさん
ゆきなさん
そうですね、私も1年以内に結婚するという覚悟をもっていましたし、主人のほうは私以上に覚悟をもって活動していたようです。

 

短期間で結婚を決断しても大丈夫だった?

 

管理人ユウ
管理人ユウ
なるほど、覚悟の違いですね。

あともうひとつよくいわれることとして、「短期間で結婚したい」という気持ちを優先して結婚して、のちのち後悔することはないのか?という心配をされる人も多いと思います。そのあたりはいかがですか?

ゆきなさん
ゆきなさん
今のところまったくそういったことはないですね。

とても私に合っている人と出会えたと感じています。

それに付き合っていた期間が短いということはまだ知らない部分があるということなので、それを新しい発見として楽しめるというメリットもあるんですよ。

 

管理人ユウ
管理人ユウ
なるほど・・! 逆にそういうメリットがあるんですね。

 

短期間で相手をみきわめるポイント

 

管理人ユウ
管理人ユウ
では短期間で結婚する相手を見きわめるために、相手のどういうところを見ていたというポイントみたいなものはありましたか?

ゆきなさん
ゆきなさん
私の場合は相手の方に仕事の内容について聞いていたのですが、その方が仕事の内容を話すときに「どんな風に話すか?」という点に注目していました。

すごく楽しそうに語る方もいれば、「転職したほうがいいのでは?」と思えるほど辛そうにグチっぽく話す方もいたりして。そういう方とは次につながりませんでしたね。

 

管理人ユウ
管理人ユウ
仕事への関わり方や思いといった部分ですね。これはたしかに非常に大事な部分だと思います。

 

 

結婚式で「結婚相談所で出会いました」と報告?

 

管理人ユウ
管理人ユウ
あとひとつ気になる点があるのですが、結婚式でお二人の馴れそめを報告するとき何と報告されたのでしょう?

婚活サイトで出会って結婚した場合などは「知人の紹介で」と報告するケースもあると聞きますが。

ゆきなさん
ゆきなさん
私たちの場合は普通に、そのまま「結婚相談所で出会いました」と報告しましたよ。

親も友人たちも別に気にしていなくて、変に「知人の紹介で」とか隠すほうがおかしいという認識でした。

 

管理人ユウ
管理人ユウ
結婚相談所での出会いに、昔ほどの偏見はないということなんですね。

ゆきなさん
ゆきなさん
そうですね、親戚のおじいちゃんおばあちゃんたちのなかには「え?お見合いで結婚したの?」といぶかしがる人もいましたが(笑)

 

管理人ユウ
管理人ユウ
昔のお見合いと今の結婚相談所はまったく別モノですが、同じものにとらえられてたんでしょうね。笑

こういう話を聞くと「結婚相談所」という名前も少し古くなっているので、別の名称をつけたほうがいいんじゃないかと思ってしまいます。

ゆきなさん
ゆきなさん
ほんとそうですね。

 

婚活中の人たちへおくる言葉

 

管理人ユウ
管理人ユウ
では最後に、結婚相談所を利用したほうがいいのかについても迷っている、今現在婚活中の方に声をかけるとしたら、どんな声をかけたいですか?

ゆきなさん
ゆきなさん
そうですね。

まず、もし本当に結婚をしたいという気持ちがあるのでしたら、婚活パーティーや婚活サイトよりも結婚相談所を利用するというのがいちばんの近道だと思います。

一刻も早く結婚したいけど出会いがない、デートなどのセッティングが面倒といった方には結婚相談所はおすすめできます。

 

管理人ユウ
管理人ユウ
なるほど。

ゆきなさん
ゆきなさん
そしてもうひとつ、異性とのコミュニケーションがそれほど得意ではないという方にも結婚相談所はおすすめできます。

というのは私の主人はパートナーエージェントで1年活動して私と出会ったのですが、それまでは女性とは無縁の人生だったそうなんです。

それがパートナーエージェントに入会した後、コンシェルジュの方のすすめでコミュニケーションセミナーや服装セミナーに出まくって、「そんな洋服では女性に好かれません」といった厳しいこともいわれながら、自分を変えていったんですね。

たとえば最初のころは大学生みたいな格好だったのが、ちゃんと女性に好かれるようなジャケットを着こなせるように変わっていったそうです。

私も15人の方と実際に会いましたが、なかにはほんと服装やちょっとしたしぐさでNGになってしまう方もいらっしゃいました。なので正直なところ、もし入会したばかりの主人と出会っていたらお断りしていたかもしれません。

それくらい大きな変化をサポートしてもらえるのが結婚相談所だと思います。

異性とのコミュニケーションが苦手だけど結婚したい、という方には結婚相談所をつよくおすすめします。

 

管理人ユウ
管理人ユウ
これは結婚相談所で結婚されたゆきなさんとご主人ならではのアドバイスといえるかもしれませんね。

ゆきなさん、今回はインタビューにこたえていただいてありがとうございました!

ゆきなさん
ゆきなさん
こちらこそ、ありがとうございました。

 

(参考:ゆきなさんが婚活を成功された『パートナーエージェント』無料資料請求

 

まとめ

以上、今回は結婚相談所で婚活に成功されたゆきなさんへのインタビューをお届けしましたが、いかがでしたでしょうか?

ネット上には書き込みがすくない「リアルな婚活成功事例」のお話をきくと、「結婚相談所でほんとうに幸せな結婚できるんだ」ということがイメージできるようになりますよね。

貴重なお話をシェアしていただいたゆきなさん、本当にありがとうございました!

 

 

 

 

 

 


【結婚相談所選びの第一歩は資料請求から】

結婚相談所の詳しい情報はネット上でもある程度集められますが、いろんなリンク先に飛びながら情報をあつめてていくのって大変に感じませんか?

結婚相談所サービス各社がつくっている紙媒体の資料であれば、

  製本された紙媒体のほうが順番を追って理解しやすく、各社を比較しやすい

 詳細な料金設定などはパンフレットでしか確認できないことが確認できる

最新の情報やキャンペーンの情報を手に入れられる

 申込み時につかえるクーポンなどがついていることもある

このようなメリットがあります。

結婚相談所 資料比較 結婚相談サービス比較

情報をしっかりと調べず「結婚相談所をなんとなく決めてしまった」ために、取り返しのつかない失敗・・

自分に合っていない結婚相談所に数十万円支払ってしまった・・

という失敗談を口コミではよく耳にします。

このような失敗をしないために、あなたはしっかりと情報をあつめてから結婚相談所を選んでくださいね。

各社の資料を取り寄せする際は、こちらのサイト(www.zba.jp/kekkon-soudan/)のような便利なサービスを利用すると手間ひまがかかりません。

スクリーンショット 2016-03-22 20.49.00

このサイトはこれまで10万人以上の方が結婚相談サービス選びに役立ててきたサイトで、厳しい基準をクリアした厳選された結婚相談サービス各社の資料(パンフレット)をまとめて取り寄せることができます。

カンタンなフォームに入力するだけでこれだけの優良結婚相談サービスの資料を取り寄せて比較することができるので、「結婚相談サービス選び」にかける時間とエネルギーをかなり節約できます。

「いろいろな結婚相談サービスについて詳しく知りたい」

「まだどの結婚相談所にすればいいか迷っている」

という方は、このような便利なサービスを活用して効率よく情報収集してみてください。 

 

厳選された大手16社からあなたにあった結婚相談所サービスをみつける

 

 

 

 

 

 

結婚相談所が気になっているけど抵抗もある方へ

「結婚したいけど、結婚相談所にはちょっと抵抗がある・・」という気持ちはどうしてもぬぐえないですよね。

そんなあなたのために、結婚相談所で成婚されたS.N.さん(女性 33歳)が

「あなたにあった結婚相談所が本当にあるのかどうか」を見きわめるための「結婚相談所選びで失敗しないための準備マニュアル」を寄稿してくださいました。

「ちょっとでも結婚相談所が気になってる」という方はぜひ読んでみてください。

>>結婚相談所選びで失敗しないための準備マニュアル