婚活のススメ

あなたの運命を決める効果的な4つの婚活方法!おすすめできる理由・できない理由を徹底解説

「婚活の方法っていろいろがありすぎて、どこから始めればいいのかわからない!」

こんなふうに、たくさんある婚活方法のどれに力をそそげばいいのかわからなくて「婚活の最初の一歩」が踏み出せないことってありませんか?

今回はそんなあなたのために、各婚活方法のメリットとデメリット、そしてどんな人に向いているのか?どうやって選べばいいのか?についてまとめてみました。

あなたにあった婚活方法をみつけるための参考にしてみてください。

 

さまざまな婚活方法。あなたにあった方法は?

具体的な婚活のファーストステップをあげてみると、以下のようなものがあります。

  1. 合コンに行ったり、友人・知人に紹介してもらう
  2. 婚活パーティーやイベントに参加してみる
  3. 婚活サイト・恋活アプリを利用する(ネット婚活)
  4. 結婚相談所に入会する

それぞれの方法のメリット・デメリットを確認してみましょう。

 

①合コンに行ったり、友だちに紹介してもらう

いちばん気軽で、自然な方法ですね。

最近は「婚活してる」とか「婚活サイトに登録してる」といっても、以前のように恥ずかしいことではないと認知されてきています。

なので、友達や知り合いなどに

「婚活してるんだよー」「誰かいたら紹介してね♪」

と、ことあるごとに伝わるようにしていきましょう。

思わぬ人から紹介してもらえるケースもあるかもしれません。

 

「合コンや知人による紹介」のメリット・デメリット

【メリット】 

■特別な費用はかからない

「婚活」という気構えがなく気軽&気楽

 【デメリット】

それなりの人脈やネットワークが必要

合コンなどの場合、既婚者や遊び目的の人も参加するケースも多く、効率・精度に問題あり

友達の紹介だったりすると、断り方に悩む

 

 

②婚活パーティ・婚活イベントなどに参加してみる

「限られた時間の中で、できるだけ多くの異性と実際に会ってみたい」という方にはいちばんてっとり早い方法です。

逆にいうと「一人ひとりとコミュニケーションできる時間」は限られてしまうので、いかに短い時間で自分をアピールし、かつ相手を見抜けるかが大事になってきます。

また「婚活パーティー」といっても遊び目的で参加する人もなかにはおり、本気度にかなりのバラつきがある可能性があります。

女性の参加料金が無料〜数百円くらいのパーティだと「無料だからとりあえず参加してみよっか」という女性も多いですし、またそういう女性を狙った遊び相手狙いの男性も少なくありません。

婚活として考えるなら、女性もある程度料金のかかるパーティを選ぶのが賢い選択といえるでしょう。

 

「婚活パーティー」のメリット・デメリット

【メリット】 

一度にたくさんの人と会って会話ができる

直接相手の雰囲気を知ることができる

プロフィールでは伝わらない自分の魅力をアピールできる

 【デメリット】

パーティーの形式によっては、話す時間が十分とれないことがある

参加者がどんな人かは運次第。自分で相手を指定できない

パーティーのレベルによっては、既婚者や遊び目的の人がいることも

第一印象にそこそこ自信があって、より多くの異性と話したい方にはおすすめです。

逆に第一印象に今ひとつ自信がなく、じっくり話せたほうが魅力が伝わりやすいという方であれば、時間をかけて付き合いを深めていく婚活サイトなど他の方法があっていると思います。

https://www.pre-kon.net/post-33/

あわせて読みたい
婚活パーティーの比較と選び方!運営会社によってスタイルはこれだけ違う一見するとどれも同じように見える婚活パーティ運営会社ですが、よく見るとそれぞれ特徴がはっきりしています。 ここでは安心・安全に利用でき...

 

③インターネット婚活サイト・恋活アプリに登録してみる

「費用をそれほどかけずに、家でも通勤途中でもスマホを使って婚活ができる」というのが婚活サイト・恋活アプリの最大のメリットです。

条件もこちらからある程度絞ることができるので、ピンポイントであなたの希望にあった相手を見つけることもできます。

婚活用プロフィールをつくることの価値

また、利用登録する際に自分のプロフィールや相手への希望条件を詳しく入力することになるのですが、そのことが自分の結婚観や相手に希望していること、また自分のアピールポイントは何か?を再確認するいい機会になります。

登録だけなら無料でできるサイトも多いので、まずは登録してプロフィールを入力してみるだけでも「婚活に一歩を踏み出した感」を感じられると思います。

 

マイナスポイントとしては、最初はメールやラインが主な交流手段になるので、メールなどの文章で自分の魅力を伝えることに不安がある方には少し使いにくいかもしれません。

また、実際に会っていない段階でネット上の情報のみから、「信用できる相手かどうか」「自分と合うか合わないか」などを判断しないといけないので、ある種の「ネットリテラシー」みたいなものが必要になってきます。

 

「婚活サイト・恋活アプリ」のメリット・デメリット

【メリット】 

ピンポイントで条件に合った人を探せる

忙しくてもスキマ時間を使って活動できる

費用がそれほどかからない

 【デメリット】

ネット上に写真を公開するのに抵抗がある人には向かない

各種証明書類の提出がないケースも多く、相手のプロフィールの内容にウソがある可能性も

ネット上の情報から相手のことをみきわめる力が求められる

 

婚活サイト・恋活アプリは「今この場ですぐに始められる」という手軽さから、利用者数がもっとも増えている婚活方法です。

  • 気軽に婚活を始めてみたい
  • できるだけ多くの異性と知り合う機会がほしい
  • 忙しくてなかなか婚活に時間をかけられない
  • なるべく費用をかけたくない
  • 人に紹介されるようも、自分で相手を探したい

このような方にはとくにおすすめできる婚活方法ですが、あてはなまらない人のほうが少ないと思います。笑

 

婚活サイト・恋活アプリはどうやって選べばいい?

婚活サイトや恋活アプリの種類は数多くありますが、どれを選べばいいのでしょう?

 

あわせて読みたい
初めての方におすすめの【婚活サイト・恋活アプリ】7選|特徴を比較してみました利用者数の増加にともなって、婚活サイトや恋活アプリの種類は増え続けています。 そのため、いざ「始めよてみようかな〜」と思っても、 ...

▲こちらの記事では安全性・信頼性の高い婚活サイト・恋活アプリを7つ紹介していますが、それぞれ特徴があり「住み分け」ができている部分もあります。

ですので「とりあえず全部登録してみる」という使い方をする人も多いです。

私も最初はとりあえず全部登録してみて「自分にとって使いやすい」「マッチングしやすい」ものを残していったり、有料会員になってみたり、という始め方をしました。

 

「結婚したい」のか、「とりあえず恋愛がしたい」のか

また「結婚への意識が高い」「恋愛への意識が高い」といった特徴の違いもあるので、そこから選んでみてもいいでしょう。

「結婚向け」「恋愛向け」それぞれの婚活サイト・恋活アプリの紹介記事を参考にされてみてください。

あわせて読みたい
結婚したい方へのオススメはこれ!|婚活・恋活サイト比較おすすめランキング【結婚最優先】限られた時間を有効に使い、出会いの幅をひろげることができるインターネット婚活・恋活サイト。 最近ではかなり種類が充実してきましたが、逆...
あわせて読みたい
恋活アプリ婚活サイトおすすめ比較ランキング
彼氏・彼女がほしい人限定!恋活アプリ・婚活サイト比較おすすめランキング【恋愛優先編】恋人がいないときは気がつかない(ようにしてる)かもしれませんが、恋人ができると 話題のスポットに2人ででかけたり、 家と職場...

 

 

 

④結婚相談所に入会する

「結婚相談所」と聞くとお金の面でも気持ちの面でも「ハードルが高い」と感じる人もいるかもしれません。

が、最近ではゼクシィブランドの「ゼクシィ縁結びカウンター」が低価格の結婚相談所をはじめて人気を集めるなど業界も変化してきており、利用者の数も増えてきています。

また「結婚までの距離がいちばん近い婚活方法」は、間違いなく結婚相談所だといえます。

あわせて読みたい
【成功した婚活体験談インタビュー】結婚するなら結婚相談所がいちばんおすすめです|ゆきなさん31歳女性あなたにとって「結婚相談所」はどんな存在ですか? 以前は「婚活の最終手段」「自力で結婚できない人がいくところ」といったネガティブなイメ...

▲こちらの「結婚相談所で結婚されたゆきなさん」へのインタビュー記事でも語られていますが、結婚相談所を利用している人は

  • 身元が保証されている(独身証明、収入証明の提出が必須)
  • 結婚を本気でしたいと考えている

このような人たちなので、結婚をするまでのハードルは逆に低く、スピーディに成婚にいたるケースも少なくありません。

 

「結婚するうえでの外的な条件がクリアされた人とだけ会える」
「あとはフィーリングが会うかどうか確認するだけ」

という状況で相手と会っていけるのは、他の婚活方法にはない大きなメリットといえます。

 

各社のサービス形態の違いに注意

結婚相談所とひとことにいってもサービス形態には違いがあり、たとえば

■ 希望条件に合ったお相手の紹介がメインのサービス:オーネット、ツヴァイなど

■ 紹介するだけでなく、きめ細かい活動のサポートやアドバイス・相談にものってくれるサービス:パートナーエージェント、ゼクシィ縁結びカウンターなど

このように大きくわけることもできます。

料金にも違いがあるので、「よく聞く名前だからとりあえずここでいっか」と決めてしまわずに、ある程度時間をかけてどこを利用するか決めることをおすすめします。

(参考記事:結婚相談所の種類について知ろう

 

 

『結婚相談所』のメリット・デメリット

【メリット】 

相手の身元が保証されている(身分、収入、独身かどうかなど)

■「本気で結婚したい」と思っている人とだけ出会える

■自分が希望する条件だけではなく、第三者からみた相性の合いそうな人を紹介してもらえる

■専任のカウンセラーのサポートが受けられる

■(身元のしっかりした)会員限定のパーティーやイベントにも参加できる

 【デメリット】

費用はそれなりにかかる

各社のサービス形態が異なるため、自分に合った結婚相談所のみきわめが必要

 

とにかく結婚への距離はもっとも近い婚活方法なので、

  • とにかく〇〇までに結婚したい!と期限をもって婚活している
  • 結婚につながるかどうかわからない恋愛に時間を使いたくない
  • 身元のしっかり保証された人とだけ会いたい

あなたがこれらの内容に当てはあるのであれば、迷わず結婚相談所を検討することをおすすめします。

 

「恋愛が苦手だけど結婚したい」という方へも結婚相談所がおすすめ

またさきほどご紹介した「結婚相談所で結婚したゆきなさん」へのインタビュー記事ではこのようなこともおっしゃっていました。

ゆきなさん
ゆきなさん
異性とのコミュニケーションがそれほど得意ではないという方にも結婚相談所はおすすめできます。

というのは私の主人はパートナーエージェントで1年活動して私と出会ったのですが、それまでは女性とは無縁の人生だったそうなんです。

それがパートナーエージェントに入会した後、コンシェルジュの方のすすめでコミュニケーションセミナーや服装セミナーに出まくって、「そんな洋服では女性に好かれません」といった厳しいこともいわれながら、自分を変えていったんですね。

たとえば最初のころは大学生みたいな格好だったのが、ちゃんと女性に好かれるようなジャケットを着こなせるように変わっていったそうです。

私も15人の方と実際に会いましたが、なかにはほんと服装やちょっとしたしぐさでNGになってしまう方もいらっしゃいました。なので正直なところ、もし入会したばかりの主人と出会っていたらお断りしていたかもしれません。

それくらい大きな変化をサポートしてもらえるのが結婚相談所だと思います。

異性とのコミュニケーションが苦手だけど結婚したい、という方には結婚相談所をつよくおすすめします。

「1年で結婚できる自分に変われる」と思えば、結婚相談所に支払う料金は決して高くないといえるのではないでしょうか?

 

 

まとめ。婚活方法選択のポイントは?

ということで主要な4つの婚活方法をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

「どの方法をメインに活動していけばいいのかな?」という迷いもあるかもしれませんが、「いつまでに結婚したいのか?」というあなたの結婚までの人生スケジュールによって決めるのもひとつの方法です。

たとえば、今あなたが28歳で「どうしても30歳になる前に結婚したい」ということであれば、間違いなく「結婚を強く希望している身元の保証された人とだけ会える」結婚相談所がおすすめです。

他の方法だと、

  • 恋愛関係になるまでに時間がかかる
  • 相手の結婚への意識が不明

ということで、「本当に結婚できるの?」という面で大きな不安が残るからです。

逆に「いますぐ結婚はしなくてもいい」「まずはいろんな人と知り合って恋愛する時間も楽しみたい」ということであれば、今すぐ気軽に始められる婚活サイトや恋活アプリ、婚活パーティーなどでも大丈夫です。

 

ぜひあなたにぴったりの婚活方法をみつけて、幸せな結婚を手に入れてくださいね。

 

 

 

結婚相談所がちょっとでも気になってますか?

「結婚はしたいけど、結婚相談所にはちょっと抵抗がある・・」という気持ちはたくさんの人がもっています。

そんなあなたのために、実際に結婚相談所で成婚されたS.N.さん(女性 33歳)が

「あなたにあった結婚相談所が本当にあるのかどうか」を見きわめるための「結婚相談所選びで失敗しないための準備マニュアル」を寄稿してくださいました。

「ちょっとでも結婚相談所が気になってる」という方はぜひ読んでみてください。

>>結婚相談所選びで失敗しないための準備マニュアル